スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチャー企業:上場株主数の緩和要請へ (規制改革会議)

本日の内閣府 規制改革会議の作業部会にて、IPO促進策が議論されたというニュースです。

ベンチャー企業:上場株主数の緩和要請へ 金融庁(毎日.jp)

ニュース記事の一部抜粋です。
・上場に必要な株主数を現行の「300人以上」から「200人以上」に緩和するよう各証券取引所に要請する方針を固めた。
・未上場企業がインターネットを通じ、多くの投資家から少しずつ資金調達する仕組みも検討する。
・主な新興市場は、・・・300人以上の株主確保を上場基準にしている。しかし、知名度の低いベンチャー企業が上場前に多数の株主を集めるのは難しいことから、基準を緩和する。
・現行では上場時に5年分の届け出が必要な財務諸表を2〜3年分に短縮するなど、上場に伴う事務負担の軽減も図る。

「政府が6月に策定する成長戦略に盛り込み、具体的な制度設計に入る」とのことです。
まだ確定ではないようですが、この動向には注目したいと思います。
関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。