FC2ブログ

(銘柄研究) アールテックウエノ ファイナンス規模縮小

4月9日にヘラクレス上場予定のアールテックウエノが、ファイナンス規模を当初予定より縮小しています。

●3/10 有価証券届出書 【想定発行価格 : 560,000円】
 公募 : 2,100株 = 1,176百万円 (※ スプレッド控除前)
 売出し : 1,520株 = 851.2百万円 (他 OA 500株 = 280百万円)

●3/24 第一回訂正届出書 【仮条件 : 460,000円~500,000円】
 公募 : 1,340株 = 616.4~670百万円 (※ スプレッド控除前)
 売出し : 760株 = 349.6~380百万円 (他 OA 315株 = 144.9~157.5百万円)

●4/1 第二回訂正届出書 【発行価格 : 500,000円(上限)】
 公募 : 1,340株 = 670百万円 (※ スプレッド控除前)
 売出し : 760株 = 380百万円 (他 OA 315株 = 157.5百万円)

ファイナンス途中で株数が変更されるのは珍しいことです。
株価が予定より引き下げられ、しかも株数を減少させたため、資金調達額が4割以上減っています。

「手取り金の使途」として、第20期の研究開発費1,130百万円を当初は上場時の公募資金を充てる予定だったものが、調達額が減ったため「不足額につきましては、手元資金により充当する予定であります」と開示されています。

株式市況の動向と、こちらの会社さんの投資家からの評価(人気)の両面からの検討結果なのだと思いますが、とても厳しい状況にあることは見てとれます。

ただでさえ、上場審査・監査法人監査が従前より厳しくなってきており新規上場を目指す会社さんにとっては逆風の状況ですので、株式市況だけでも明るい方向に向かって欲しいと思う今日この頃です。



FC2ブログランキングに登録しています。
本記事をお読み頂いた方、お手数ですが以下のボタン(FC2 Blog Ranking)をクリックお願いいたします。
    ↓

いつもクリックどうも有難うございます。

関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)