FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JVR(Japan Venture Research)レポートの紹介 ①08年~10年IPO企業分析

特定非営利活動(NPO)法人 Japan Venture Research のウェブサイトに掲載されているいくつかのレポートを、何回かに分けてご紹介します。興味深い統計資料になっています。

【第1回】
IPO企業分析(2008年1月1日~2010年12月31日)(PDF)
 08年~10年のIPO企業についての分析レポートです。

 以下は、レポート末尾のコメントから抜粋です。
3. IPO バリュエーション
・ 初値時価総額の中央値は2007 年の66 億円の約6 割となる39 億円へと大きく低下した。
・ 初値PER は、新興市場IPO に陰りが見えた2007 年の24.75 倍からさらに低下、半分の12.98 倍となり、バリュエーションは大きく低下した。
・ IPO 企業年齢の高齢化に伴いIPO 直近時価は増加する一方で、初値時価総額は2006 年の110 億円から2008 年~2010 年は約1/3 の39 億にまで減少した(中央値)。IPO 直前調達時における時価に対する初値時価総額は4.28倍(2006 年)、2.52 倍(2007 年)、1.42 倍(2008 年~2010 年)と年々低下しており※、企業にとっても投資家にとってもイグジットとしてのIPO の魅力がなくなってしまっている。
※各企業の初値時価総額/IPO 直近時価総額の中央値
5. IPO 時資金調達
・ 1 社当たりの調達額(中央値)は2006 年の6.6 億円から2007 年には3.8 億円に低下、2008 年~2010 年はさらに3.4億円へ低下した。上場コストを勘案すると、上場による資金調達のメリットは薄れている。

このあたり(上場時の株価低迷、資金調達額の減少)が、昨今のIPO低迷の大きな要因になってることは間違いありません。
あと、
「IPO 時資金調達金額トップ3」の第1位、「I PO 前資金調達額トップ3」の第3位に、あの「エフオーアイ」がランクインされているのが、・・・・・・・・(涙)です。

そのほかにも、「VC 投資ランキング」や「事業会社 投資ランキング」などもありますので、興味あるかたはぜひ本文をお読みください。
関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。