FC2ブログ

「企業内会計士」は、必要とされていない?(会計士協会アンケート)


前の記事で、会計士業界の人員余剰について触れましたが関連ネタです。

8/12付で、公認会計士協会から、以下の調査報告書が公表されています(資料の日付は、8/3)。

「組織(企業)内会計士に関するアンケート最終報報告書」の公表について(PDF)

詳細は、報告書原文をお読み頂きたいですが、
資料6ページ:A2-1会計専門家の必要性(企業に対するアンケート)を見ると、
  ・59.4%:必要に応じて外部の専門家を活用するので社内では不要
  ・ 9.0%:会計専門家の必要性は特に感じていない
  ・ 3.1%:社内の人材育成で十分なため会計専門家は不要
と、企業としては、社内に会計士がいたほうがよいという意見の方が少数派であることが明らかになっています。

ただ、現在は会計士が飽和状態にありますので、会計士協会としては、企業内会計士をもっと増やしていきたいということをお考えのようです。

資料50ページ:C3 -1転職先企業の目安・希望(会計士に対するアンケート)には、会計士が転職する場合の進路についてが書かれています。上位4位までは、
  ・1位(56%):上場企業
  ・2位(41%):コンサルティング会社
  ・3位(34%):非上場・ IPO 準備会社
  ・4位(29%):独立開業
となっています(複数回答可)。

個人的には、IPO準備会社には、「会計士・試験合格者の活躍の場」が沢山ありますので、こちらの進路に目を向けられる会計士・合格者が今以上に増えていくとよいなと思っております。
(待遇面などで実現のハードルは高いでしょうが・・・)

関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)