FC2ブログ

経理規程と実務マニュアルの作り方(中央青山pwcコンサルティング)



規程の整備に関するオススメ書籍のNo.2です(今のところ)。

こちらも、規程のオススメNo.1『経理規程ハンドブック(監査法人トーマツ)』と同様に、収録されているのは「経理まわり」の規程です。
本記事の文末の「続きを読む」の中に、本書に収録されている規程・マニュアル名を記載しておきました。

各々の規程別にモデル規程が収録されており、加えて、その規程の必要性・意義や規程作成時のポイントが書かれていますので便利です。

また、本書がいいのは、個々の規程の話だけでなく、規程の整備に関する総論的な説明が充実している点です。
経理規程とその他関連規程の関連性や、実際に運用するコツ、定期的な見直しの必要性など、現場で必要となることがうまくまとめられています。特に、以下の記述は参考になります。

●Part2 経理規程の基礎知識を押さえよう
 ・P50:製造業の経理規程と他の規程の関係を説明した体系図
 ・P59:規程の作成担当者の条件とは?
 ・P60:押さえておきたい規程用語の基礎知識

●Part3 経理規程・マニュアルの作成手順を知っておこう
 ・P75~:経理マニュアルはこの手順で作成しよう

●Part4 経理規程・マニュアルを活用しよう
 ・P81~:経理規程を上手に運用するコツ

●Part6 実際にマニュアルを作成してみよう
 ・P298~:規程類整備状況チェックリスト


本書は、価格が2,520円ですので、内容からするとかなりお得感があります。
(オススメNo.1の『経理規程ハンドブック(監査法人トーマツ)』は11,550円です)


【本書に収録されているモデル規程】
 ・経理規程
 ・原価計算規程
 ・予算管理規程
 ・内部監査規程
 ・棚卸資産管理規程
 ・固定資産管理規程
 ・販売管理規程
 ・与信管理規程
 ・購買管理規程
 ・外注規程

【本書に収録されているモデルマニュアル】
 ・勘定科目マニュアル
 ・金銭出納マニュアル
 ・実地棚卸実施マニュアル
関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)