FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝国データバンク「IPO意向に関するアンケート調査」


帝国データバンクから、
特別企画 :新規株式上場意向に関するアンケート調査」の調査結果が公表されています。

特別企画 :新規株式上場意向に関するアンケート調査
調査結果PDF

要旨として以下が書かれています。
  1. 上場予定時期は、「未定」とした企業が257社(選択率45.4%)と約半数を占めた。具体的な上場時期では「2014年」が69社(同12.2%)で最多となった。
  2. 上場を目指す理由については、複数回答の結果、「知名度や信用度の向上」が424社(同74.9%)でトップとなった。
  3. 上場予定市場は、複数回答の結果、「東証マザーズ」(213社、同37.6%)が最も多かった。次いで多かったのは、大証ヘラクレスとJASDAQ、NEOの3市場が2010年10月に統合して誕生した「大証JASDAQ」(198社、同35.0%)だった。
  4. 海外市場への興味について、株式上場予備軍企業の約4割を占める219社(同38.7%)の企業が、「(具体的な検討の有無にかかわらず)興味がある」と回答した。一方で、海外市場へ実際に上場を検討している企業は27社(同4.8%)にとどまった。
  5. 新規上場基準の緩和・強化については、「緩和すべき」と回答した企業が217社(同38.3%)にのぼった。


調査結果の本文には以下のようなことが書かれていました。

○2ページ 分析対象社数=IPO の意向を持つ企業(株式上場予備軍企業):566 社
(コメント)予備軍は、今でも500社以上いる!

○6ページ 東京証券取引所などが進めている新興市場の新規上場基準を緩和するという方向性におおむね賛成の企業が多いようだ。具体的な意見をみると、内部統制などにかかるコストを負担に感じている企業が多かった。
(コメント)や「内部統制(J-SOX)が負担」という声が多く出たというのは、やはりそうだろうなという結果です。

興味ある方はぜひ報告書の原文をお読みください。


【参考過去記事】

基準満たす企業 22%減(帝国データバンク)(10/02/21)




関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。