FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大地震のIPOへの影響は?


東日本大震災は、IPOにも影響をあたえそうです。

以下は、モーニングスターの記事です。

巨大地震はIPOにも影響大、上場中止が増加する可能性も(モーニングスター アナリストの視点)

以下、ニュース記事より引用です。
 初値形成後の動きは別としても、実態面がそれなりに評価されていたアイディホームの初値形成までの動きは、これから上場を予定している企業にとっては衝撃的。ラクオリア創薬が上場中止に踏み切ったように、株式市場の動向とIPO銘柄の動きを考慮し、資金調達が計画通り進まないとみて中止という決断を下す企業はほかにも出てくる可能性がある。米同時多発テロがあった2001年もその後、年末まで20銘柄が上場を中止していた。現在はIPO銘柄数自体が少ないため中止銘柄が続出するような事態には至らないとみるが、発行体、主幹事証券とも株式市場の動向を見ながら検討していることと憶測される。
 また、未上場企業の上場意欲は今回の株式市場の暴落を受けて大幅に後退しているものとみられる。11年の新規上場銘柄数は、大幅増とまではいかないまでも10年の22社よりは増加するとみられていたが、今後の上場承認が一気に減る可能性もありそうだ。


 株式市況の動向(企業側が希望する資金調達ができないことでIPOを延期)もそうですが、この大震災が、上場を予定している企業の業績に直接的に影響を及ぼすケースが少なからずあるのだろうと思われ、心配です。
 金融庁や取引所が「活性化」に取り組みだしたタイミングなのに・・・・と思うばかりです。
関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。