FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融庁から「内部統制報告制度に関する11の誤解」等が公表されています

J-SOX情報です。

金融庁から08年3月11日付けで、
「内部統制報告制度に関する11の誤解」等が公表されています。


4月からの制度の導入を目前に控え、
実務の現場では、一部に過度に保守的な対応が行われている」ことへの対応だそうです。
また、「追加Q&A」も公表予定ということが書かれています。

上場準備会社さんにとっても、J-SOX対応は悩ましい課題のひとつだと思います。
今回の報告でもはっきりしたのは、「やりすぎないこと」だと思います。
特に、上場準備会社さんの場合、資金的・人的なリソースが不十分な状況で、しかも限られた時間で各種の課題に対応していく必要があります。
ですので、これまで以上に「上場準備の進め方(プロジェクト管理、人員配置等)」に気を配っていくことが大切になるものと思います。


内部統制報告制度に関する11の誤解】
 1.米国SOX法と同じか
 2.特別な文書化が必要か
 3.すべての業務に内部統制が必要か
 4.中小企業でも大がかりな対応が必要か
 5.問題があると罰則等の対象になるのか
 6.監査人等の指摘には必ず従うべきか
 7.監査コストは倍増するのか
 8.非上場の取引先も内部統制の整備が必要か
 9.プロジェクトチーム等がないと問題か
 10.適用日までに準備を完了する必要があるのか
 11.期末のシステム変更等は延期が必要か


FC2ブログランキングに登録しています。
本記事をお読み頂いた方、お手数ですが以下をクリックお願いいたします。
    ↓

いつもどうも有難うございます。


関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

Tag : 内部統制 内部統制報告制度

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。