FC2ブログ

新セグメントでも結局は「営業損益」

新セグメント基準(10年4月1日以後開始事業年度から)によって、セグメント開示についての利益額については、定めがなくなり、各社の「最高経営意思決定機関に報告される金額」とされておりました。

従来は、「営業損益」と決められていたものが、定めがなくなりどうなるかと思いましたが、蓋を開けてみれば大多数の上場企業が従来通りの「営業損益」で開示することとしているようです。

最新号の「週刊経営財務」(2986号)に、この特集記事が出ています。

それによると、日経225に採用されている3月決算会社176社を調べたところ、
・営業損益 137社(77.8%)
・経常損益  17社( 9.7%)
・その他
という状況だったとのことです。

やっぱり営業損益(のまま)が大多数か というのが感想です。

IPO準備会社さんにとっても、どのようなセグメント開示を行うのかの検討(監査人との相談)は、お早めに行うことをおススメします。

関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)