FC2ブログ

メルシャン循環取引の真相(第三者委員会報告)

IPOの話題ではありませんが、注目の報告書です。

当社水産飼料事業部における不適切な取引に関する第三者委員会の最終報告について(メルシャンHP)


長年にわたって架空循環取引などの不適切な取引が行われていた同社ですが、第三者委員会による真相究明の報告書です。
計85ページもある長文ですが、とても読み応えがあります。


架空計上した棚卸資産について、所在を追いかけても移って行ってしまう(姿を見られない)ということで、「お化け在庫」と呼んでいたそうです。

常勤監査役や監査部長は、事件が世に出るかなり前から、架空在庫・循環取引について、感づいていたものの「確証」が得られず、発覚に時間がかかったということなど書かれています。
(「かなり大きな問題になる可能性あるので社長に報告しなかった」というのはいかがかと思いましたが・・・・)

一番悪いのは、事を行った事業部門なのでしょうが、監査役・内部監査部門・監査法人も登場し、とても考えさせられる報告書です。
興味あるかたはぜひ原文へ。

関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)