FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東証 「四半期決算に係る適時開示の見直し」など

東証HPの社長記者会見のページに、
四半期決算に係る適時開示の見直し、IFRS任意適用を踏まえた上場制度の整備等について
が公表されてます。
http://www.tse.or.jp/about/press/100427s.pdf の 36枚目~
(同一PDFにその他の資料も混在しています)

先日公表された、
上場制度整備懇談会ディスクロージャー部会報告「四半期決算に係る適時開示、国際会計基準(IFRS)の任意適用を踏まえた上場諸制度のあり方について」(平成22年3月24日公表)
の提言を踏まえた制度変更です。

>「四半期決算情報について従前示していた早期開示目標(30日以内)は取りやめることとします。
などが盛り込まれています。

実施時期は、以下の予定とのことです。
・平成22年6月末を目途に実施します。
・四半期決算に係る改正は平成22年6月30日以後最初に終了する四半期決算に係る適時開示から、通期決算に係る改正は平成23年3月1日以後最初に終了する通期決算に係る適時開示から適用するものとします。


【参考過去記事】
東証 「四半期は30日以内で」を撤廃、開示内容も簡素化へ(10/03/25)
関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : 東証 四半期 簡素化 30日

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。