FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30社がJ-SOX「重要な欠陥」! (6/26現在)


いよいよ3月決算のJ-SOX初年度の状況が出揃ってきました。

6月26日までに30社がJ-SOX「重要な欠陥」を公表,報告書提出企業の1.5% (日経 ITPro)

以下引用です。
>同日(注:6/26)までに内部統制報告書を提出したのは1985社。そのうち,重要な欠陥を公表したのは合計30社で,提出企業の1.5%である。

> 米Audit Analyticsの調査によれば,米SOX法の早期適用対象となった大企業3700社のうち,J-SOX(日本版SOX法)の重要な欠陥に相当する「重大な欠陥」を報告したのは,16.9%だった。米国に比べ,日本は重要な欠陥を報告した企業の割合が非常に低いといえる。

>6月26日に重要な欠陥を公表したのは,以下の21社。葵プロモーション,アーク,アールビバン,市光工業,岩崎通信機,カラカミ観光,KFE JAPAN,コタ,サハダイヤモンド,セントラル硝子,ソリトンシステムズ,ダイキン工業,滝沢ハム,東京美装興業,日本ケミコン,バルクホールディングス,ビーアールホールディングス,フォスター電機,ミツウロコ,ヤマシナ,横浜丸魚。


まだ、全てが出揃ったわけではありませんが、この「1985社中、30社(1.5%)」という割合について、皆様どう思われますか??
(2年前位には、J-SOX初年度は多量の「重要な欠陥」が出るという風潮があったような気がしますが・・・・)

関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

Tag : J-SOX 内部統制 重要な欠陥 社名

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。