スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスダックと大証ヘラクレスの統合の行方は?

ジャスダックと大証ヘラクレスの統合に向けて、検討が進められているとのことですが、今週の日経ヴェリタスにこの件に関する記事が出ていましたので紹介します。

日経ヴェリタス(09年4月5日号)
『ベンチャー市場再興 大証の存在感左右』
・・・・その一方、市場区分の見直しも進める。時価総額などの基準で「グロース」(高い成長が見込めるベンチャー企業)、「スタンダード」(安定成長期に入った中堅企業)、「プレミアム」(知名度・売買高の大きな企業)に分ける案を検討中だ。「プレミアム」銘柄については、提携する米ナスダックへの上場を後押しする。こうした特典をアピールすることで、企業と投資マネーを呼び寄せる。・・・・

記事の詳細は原文をお読み下さい。

検討中の一案ということでしょうから、この通りになっていくのかは分かりません。
「プレミアム」市場って何となく希少価値がありそうで凄そうですが、どうなんでしょうか。
話はそれますが、ランク分けをすることによってステータスを階層化しているものとしては、クレジットカードが思いつきます(スタンダード → ゴールド → プラチナ)。プラチナの先にあるのは「ブラック」だったりして・・・・・・(このシャレの意味は通じますでしょうか)

新興市場が活性化・健全化していくような市場統合になっていくことを切に望みます。
関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : ジャスダック ヘラクレス 統合 ベンチャー 新興市場 委員会 IPO IPOコンサル 上場コンサル

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。