FC2ブログ

成学社 上場体験談

2008年8月22日にジャスダック上場した成学社(太田社長)の上場体験談がジャスダックのHPに掲載されています。
(メールマガジン「JASDAQ IPO WAVE」としても配信されています)

JASDAQ上場を達成した会社の体験談 株式会社成学社 代表取締役社長 太田 明弘 殿
http://www.jasdaq.co.jp/list/taiken/taiken2179.jsp

以下、一部のみ引用です。
上場後今に至るまで
 ある同業経営者は、株式上場を決意した私に、しきりに翻意を促しました。「いまどきのご時世じゃ、上場したって大して資金も入ってこないし、後であれこれ注文ばかりつけられて割に合わないよ。おまけに上場維持コストが高くついて、利益は削られるし、まさに踏んだり蹴ったりだ。止めておいてほうがいいよ」といった調子です。彼の指摘に対して、私は一言も反論しませんでした。なぜかと言えば、彼の指摘は概して正しいと言えたからです。ですが、この正しい認識も、私の経営思想というものを光として当てると、色が全く違って見えて、不正解のように感じる。つまり議論しても一つに融合し得ない、思想の壁というものを感じるわけです。



厳しい市場環境の中で上場することについて、周囲からは「上場しないほうがよい」との意見があったものの、同社は上場にこだわったとのことです。
太田社長の判断が同社にとって正しかったかどうかは、おそらく今の時点でどうこう言えるものではなく、数年後にならないとわからないものなのだと思います。


上場準備中の会社の方には、 他社分も含めて体験談を一読されることをオススメいたします。
(ジャスダック以外の市場が想定市場の会社さんでも)

ジャスダック証券取引所 「上場を達成した会社の体験談」
http://www.jasdaq.co.jp/list/list_40.jsp

関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : IPO 成学社 体験談 上場しない

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)