FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東証統計データ「決算発表までの日数」


上場企業の決算発表が少しずつ早まっていることについて、統計データをご紹介しておきます。
東京証券取引所は、東証上場企業の決算発表状況について統計データを都度公表しています。


●本決算 決算発表日
 平成20年3月期の決算発表状況の集計結果について
   04年3月期  44.6日
   05年3月期  43.3日
   06年3月期  42.5日
   07年3月期  40.9日
   08年3月期  40.2日

●中間決算、四半期決算 決算発表日
 平成21年3月期第2四半期決算短信発表状況の集計結果について(確定版)
  08年3月期 中間決算 (9月)   39.5日
  09年3月期 第1四半期 (6月)  34.6日
  09年3月期 第2四半期 (9月)  35.9日

どんどん決算発表が早まってきていることがわかります。
08年3月期中間決算 → 09年3月期第2四半期 については、
監査法人の手続が、「中間監査」から「四半期レビュー」となったことも一因かもしれませんが、1年で3.6日も短縮されています。

なお、上場準備会社には、本決算は45日、四半期決算は30日で開示できるレベルが求められております。

なお、本決算については上記のとおり、これまでは毎期毎期少しずつ日数が短縮されてきていましたが、09年3月期については、J-SOXの適用初年度ということで、他社の様子見・混乱等によって、もしかすると、発表日数がそれなりに遅くなるのではないかと予測(?)しています。


関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。