FC2ブログ

「ブログ」で弁護士が業務停止!?


IPOとは関係ない話題です。

先週のニュースですが、

ストーカー相談、ブログに記載 弁護士を業務停止1カ月 (サンケイニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090114/crm0901142236036-n1.htm
というのを見つけました。

事件としては、業務上の内容をイニシャルでブログに書いたことが、「記載は詳細で当事者が特定される可能性があった」とのことで大問題とされたとのことです。
弁護士会からの処分で、実名も公表されてしまっていますのでご本人にとってはかなりのダメージ(イメージダウン)だと思います。

ブログの危険性を改めて認識させられました。

私も、常日頃、「本ブログによって、顧客や外部の各種関係者に迷惑をかけることは絶対に避けなければいけない」との思いを常に持ちつつ記事を書いています。
弁護士・会計士等の専門職の方の個人ブログでも、おそらく悪気はないものの(多くは好意的な内容で)接触した会社名や個人名をそのままであったり少しぼかしただけで書かれているものを見かけることがあります。
が、『仮に好意的な内容だったとしても、誰といつ面会したという記録がネット上で公開されること自体がもしかすると相手方やその他関係者に迷惑をかける可能性があるということを認識しているのだろうか』と常々思っていました。

ということで、読者の方にお願いです。
万が一、うっかり不適切な記事を書いてしまった場合は、ご指摘をお願いいたします。
(すぐに削除等の対応をします)

たまに、本ブログを読んで下さっている知人から、「日頃のコンサル活動の様子をそのまま書いてくれれば、それが一番関心あるし面白いはず」とか、「まだまだ発信できる情報はあるでしょ?」のようなコメントを頂戴することがあるのですが、残念ながらそのご期待には応じられない旨お伝えしています(面白いブログにはなると思いますが、失うものが多そうですので)。
この点、是非ご理解のうえ今後もお読み頂ければと思います。

関連記事

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)