FC2ブログ

(参考書籍)内部監査人の実務ハンドブック


IPOに必須の「内部監査」ですが、IPO準備会社で、もともと内部監査制度がある会社はかなり稀だと思います。がオススメできる参考書籍はあまりありません(学者の方が書いた学術的なものなどは理論ばかりでとっつきにくいと思います)。

基礎から内部監査をスタートするための参考書籍を3冊紹介しようと思います。
(ここでは内部統制監査(いわゆるJ-SOX)ではなく、純然たる内部監査だけを対象とします)

第1弾が本書です。



日本内部監査協会」の書籍です。

480ページと分厚い本ですが、第Ⅰ部が理論編、第Ⅱ部が実務編、第Ⅲ部が資料編で構成されています。
第Ⅰ部(理論編)は、内部監査とは?、内部監査人の役割と責任は?・・・・のような理屈が書かれており、第Ⅱ部(実務編)において、監査計画、監査手続書、監査調書、監査報告書、フォローアップなどの説明があります。第Ⅲ部(資料編)は内部監査基準などの制度資料です。

第Ⅱ部(実務編)で「内部監査のためのチェックリスト」として、
営業部門、物流部門、製造部門、保守部門、調達部門、経理部門、人事・労務部門、経営企画部門、技術開発部門、IT部門の別に、監査チェックリストが例示されています。
このチェックリストの内容は、やや概念的なものが多く、実務で使うにはもう少し修正をした方がよいとは思いますが「内部監査ははじめて」という会社さんにとっては参考にはなると思います。
また、チェックリストは添付CD-ROMでデータ提供されています(EXCEL)。

なお、もっと詳細な資料が必要な場合は、内部監査協会から
内部監査実務全書 
が出ていますが、こちらは約6万円と高額です。

ということで、あまりお金をかけずに内部監査を体系だてて学ぶという点では本書はいいと思います。

関連記事

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)