FC2ブログ

(読書録)ここが変だよ日本の内部統制

 
バカ高いコンサル料、うなぎ上りのITコスト
本当にそれでいいの?
まだ間に合う”正しい”日本版SOX法対策とは?

という副題に惹かれてネット購入(衝動買い)したものです。


ところが、残念ながら私のイメージしていた内容とは違い、ちょっとがっかりでした。
著者の方のご本業は、ISO(国際標準化機構)に関するコンサルティングであり、失礼ながら『財務会計』についてのご理解は若干不足されているのかなと感じられました。

一例ですが、以下の記述がありとても驚きました。

>これまで行ってきた管理を財務報告の正確性という観点から再検証するのである。
>例えば、営業部門の売り上げについては口頭注文があった時点で計上するのか正式な注文書を受領してはじめて計上するのかなど、今まであいまいになっていた点があれば、きちんと決める必要がある。


残念ながらとても的外れな説明ではと感じました。
どのような業態であっても、注文を受けたことをもって売上計上はできない(口頭注文、注文書受領のいずれの場合でもその時点では売上計上は認められない)ことは、財務会計の世界では常識だと思います。
他にも似たような、???と感じる記述がいくつもありました。

『財務報告に関わる内部統制』(いわゆるJ-SOX)の本として読むのではなく、内部統制って何だろう?というような総論的な本として読まれるのが良い本だと思いました。

関連記事

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)