fc2ブログ

「IPO準備会社の中途採用」の難しさ(採用面接に関するアドバイス)

中途採用シリーズ(?)の第3回(最終回)です。

第1回(09年3月19日):「IPO準備会社の中途採用(経験者採用)」の難しさ
第2回(09年3月25日):「IPO準備会社の中途採用」の難しさ(書類選考に関するアドバイス)

今回は、IPO準備会社の採用面接にあたって、「私が行っていること、心がけていること」を書きたいと思います。

まずは、自己紹介をして頂きながら、『職務経歴書』に記載されているIPO準備の経験などについてについて具体的な説明を求めることにしています。
・前職の管理部門は、どういうメンバー編成だったのですか?
 ○○担当部長(例)というポジションはどういう役職なのですか?、直属上司は誰だったのですか?(社長ですか?取締役ですか?)
・IPO準備プロジェクトは、どういうメンバー編成だったのですか?、その中で○○さんのポジションは?
 主幹事証券会社との対応責任者として、○○さんが対応していたのですか?
 主幹事証券会社は、どういう部署の方とやり取りされていましたか?
・Ⅰの部作成、Ⅱの部の作成経験があるとのことですが、Ⅰの部、Ⅱの部ともに膨大な分量があると思いますが、どの部分が自分で作成できるところですか?全部ですか?
 Ⅰの部、Ⅱの部を作成するに当たって大変だったのはどの部分でしたか?
・前職は上場計画が凍結となったとのことですが、どこまで準備が進んでいたのですか?
などなどをお聞きしています(実際はもっと踏み込んで聞きますが)。
これらのやり取りをすれば、キーワードを無理やり列挙した方なのか、本当に実務をやってきた方なのかはある程度は判断できます。

あと、ミスマッチを少しでも防ぐために私が意識しているのは、
●応募者が本当に希望している求人なのか(本人が本当にやりたいことは何なのか)
応募者の側からすると、1枚2枚の求人情報書面と、人材紹介会社からの口頭説明などかなり限られた情報だけで応募をしてきていることが多いと思います。
そのため、場合によっては応募人材の求人内容への理解がかなり不十分なまま採用決定まで進んでしまうことも起こりえる話です。
・実際のところ、どういう会社を転職先として探しているのか?(規模、業種、上場・非上場など)
・実際のところ、どういう職種・ポジションに就きたいと思っているのか?(CFO、IPO準備責任者、経理部長、経営企画室長など)
などもお聞きしています。
ミスマッチとならないようにするには、「この会社の求人が、その方が求めているような仕事なのか、やり甲斐を感じてもらえるような仕事なのか」を意識する必要があると思っているからです。
応募者が必ずしも本音で回答してくるとは限りませんが、経理部長の求人でも「経理で応募はしましたが、一番やりたいのは経営企画室の仕事なんです」とか、「本当は○○業(求人の会社とは異なる業種)に強い関心があるのだが、なかなかそういう求人もないので・・・・・・」のような話になることもあり、その話を聞きながら会社が探している人材かどうか(本人が探している仕事かどうか)を探ってみたりします。

●会社の問題・課題もなるべく説明する
どうしても会社は、優秀な人材に積極的に入社を希望してもらいたいこともあり、会社の良い部分の説明を熱心に行い、問題・課題についての説明には消極的になりがちです。
良かれと思ってそのような対応をしているのでしょうが、良い人材が入社してくれたとしても、「もっと良い会社だと思っていた」とか「こんな問題があるのは聞いてなかった」のようなことを言って辞めてしまっては、結果としては失敗(むしろ入社に至らない方がよかった)です。
問題・課題の全てを適確に説明することなどは不可能ですが、今回の求人に直接関係するような重要な問題・課題についてはある程度正直にお伝えし、『そのこと(問題・課題)について否定的にとらえず、やり甲斐だと感じてくれる人を探しているんですよ』と説明しています。
問題・課題を認識した上で、入社してくれる人材は、問題・課題の多さを言い訳にしないでしょうから、「ただ良い人材を探す」というだけでなく、「しっかりと定着してくれる良い人材を探す」ためには、会社の状況について悪い面も伝えるべきなのだろうと考えています。

●本人からの質問にはなるべく答える企業と応募人材の関係は、ヘッドハンティングでもない限りは、どうしても人材側が弱い立場です。
聞きたいことがあっても何でも質問できるわけではないというのが通常だと思います。
ただ、本来であれば、限界はあるもののある程度は「対等の精神」で対応すべきでしょうし、このやり取りを省いてしまったがために、入社決定となり、その後「こんな会社だと思わなかった」となるのはお互いにとっての大損失だと考えていますので、「どうしても答えられないこともあるかもしれないが、なるべくのことはお話しするので聞きたいことがあれば言ってください」としています。
この進め方は、本人への情報提供でもありますが、本人への理解が進むという副次的な効果もあります。
人によって聞かれることは様々ですが、どういうことが気になっているのか(社内の雰囲気、人材のレベル、経営陣のこと、上場準備の状況、経理体制の整備状況についてなどなど)や、その時のやり取りを通じて、本人の人柄や考え・信念のようなものが読み取れることがあります。
また、中には質問が全く無いという方もおられます。真剣に転職先を探している人材が、自由に(実際には自由ではないだろうとか思いますが)質問できる状況が与えられても、何もないということはないと思います。ですので、「質問無し」という方は、中途半端な気持ちで応募しているのか、何も考えていないのかだと判断し、私の評価としては減点です。


今回もいろいろ書きましたが、数回の面接を行っても、人材の良し悪しを判断するのは限界があります。
私が行うのは、IPO準備や経理実務などの能力・経験について『全然合わないだろうな』という人材については見送りましょうと会社に進言すること及び、その他の方についての感想・感触をコメントとして会社にお伝えすることに限定しています(それ以上のことはできません)。
前回の繰り返しになりますが、上場準備会社においては「その人材が経営陣などとウマが合いそうか」という要素がとても大切だと思いますので、私のコメントも部分的に参考にしてもらいながら、会社の判断・責任で一番良いと思う人材を選んでいただくしかありません。

これで、3回にわたる「中途採用コラム」は終了です。

人事・採用の専門家でもなく、経験上こうしているというだけですので、『私はこういう視点で採用面接をしています』のようなご意見などございましたら是非コメントをお願いいたします。

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : IPOコンサル人材紹介会社中途採用経験者書類選考面接

ジャスダックと大証ヘラクレスの統合の行方は?

ジャスダックと大証ヘラクレスの統合に向けて、検討が進められているとのことですが、今週の日経ヴェリタスにこの件に関する記事が出ていましたので紹介します。

日経ヴェリタス(09年4月5日号)
『ベンチャー市場再興 大証の存在感左右』
・・・・その一方、市場区分の見直しも進める。時価総額などの基準で「グロース」(高い成長が見込めるベンチャー企業)、「スタンダード」(安定成長期に入った中堅企業)、「プレミアム」(知名度・売買高の大きな企業)に分ける案を検討中だ。「プレミアム」銘柄については、提携する米ナスダックへの上場を後押しする。こうした特典をアピールすることで、企業と投資マネーを呼び寄せる。・・・・

記事の詳細は原文をお読み下さい。

検討中の一案ということでしょうから、この通りになっていくのかは分かりません。
「プレミアム」市場って何となく希少価値がありそうで凄そうですが、どうなんでしょうか。
話はそれますが、ランク分けをすることによってステータスを階層化しているものとしては、クレジットカードが思いつきます(スタンダード → ゴールド → プラチナ)。プラチナの先にあるのは「ブラック」だったりして・・・・・・(このシャレの意味は通じますでしょうか)

新興市場が活性化・健全化していくような市場統合になっていくことを切に望みます。

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : ジャスダックヘラクレス統合ベンチャー新興市場委員会IPOIPOコンサル上場コンサル

J-SOXは無駄なのか?

上場企業は、決算作業とともにJ-SOX対応もラストスパートの時期かと思います。

昨日(4月4日)の日経新聞朝刊に、J-SOXに関する興味深い記事がありましたので紹介します。
マーケット&総合面の『ガバナンスのコストを抑制せよ』(大機小機)というコラムです。

J-SOX対応や四半期開示などに膨大にコストを使っているものの費用対効果がどこまであるのかという問題提起の記事となっています。

詳細は、ぜひとも原文にあたって頂きたいと思いますが、以下抜粋です。


>>・・・・評判の悪さが指摘されているのは「日本版SOX法」に伴う内部統制である。そのコストはほとんど意味のないものだ。組織を疲弊させているといってもおかしくない。


>>・・・・書類を準備したり、情報を提供したりする為に膨大な時間と労力が払われている。費用便益計算をやり直すべきだろう。


>>・・・・きっちりと企業統治をしてきたはずの大銀行や自動車会社が存亡の危機にある。ガバナンスは行われていたが良い経営は行われていなかったのだ。ガバナンスにコストをかける意味はあるのか。根本から考え直す必要がある。



記事を書かれた方は、J-SOXの制度そのものに対してかなり批判的なお考えのようです。

確かに、J-SOXの導入によって監査法人への報酬が大幅にアップするとともに、企業内部でのコスト負担(社内人員の工数・人件費や、システム対応、コンサル報酬など)も相当な(天文学的な)金額となっています。
本コラムでいう「費用便益計算」という意味では、私もこの状況については強い問題意識を持っています。
J-SOXが制度導入されたそもそもの趣旨は(米国SOXの影響でもありますが)、
企業が、投資家など各種利害関係者に「正確な財務諸表」を提供するために、会社の仕組みとして「財務報告の信頼性をより高める」ために内部統制を強化・充実させようということだったと理解しています。
つまり、「企業のため」という企業側の視点というよりは、「投資家保護などのため」という外部視点で、金融庁が法律として定める制度として(強制的に)J-SOXが生まれたということだったと思います(投資家保護は、間接的には、まわりまわって企業のためにもなるものではありますが・・・)。
投資家保護などのために、従来以上に「正確な財務諸表」が作成・開示されるようにすべきということは良いことだと思いますが、
現在実務で行われているJ-SOX対応は、「これ(文書化等)をやったことによって財務諸表の信頼性が一気に高まったと胸をはって言えるようなことなのだろうか?」とか「文書化や評価・運用プロセスに膨大なコストをかけることや、片っ端から社内業務に承認を求め、しかもその証跡を確実に残すことを現場に強要するような対応は、投資家など企業関係者が望んでいるものなのだろうか?」ということについて、まともに答えられるようなものではないように思えます。

財務報告の信頼性を高めることによって、投資家等の企業関係者を満足させることが、「財務報告に係る内部統制」の議論の本質のはずだったのに、企業としては「制度だから仕方ない」と渋々と対応をし、企業関係者は「コスト負担に見合う便益・効果を享受(実感)できず、それによって資金が流出し収益性が低下することはかえって迷惑」と考えているというような状況はいったい何なのだろうかと疑問に思えて仕方ありません。

IPOの現場でも、J-SOX対応は頭の痛いテーマです。
IPOのためのJ-SOX対応は、「いつまでに」、「どこまでを」ということ自体が、未だに実務では明確になっていません(上場企業における実務が完全に落ち着いていない状況でもあるため、監査法人も、証券会社もどうしても歯切れが悪い状況です)。
私も業務では、「IPOスケジュールを意識しながら、無駄ともいえる作業は省いて少しでも効率的にJ-SOX対応も進めていきましょう」ということで指導をしていくだけではありますが、、「このJ-SOX制度はこのままでよいのだろうか」というモヤモヤ感を抱きながらの対応になってしまうようにも思えます。

時価総額数兆円(数千億円規模の利益)というような超々大企業と、時価総額数十億円(数億円規模の利益)の新興市場企業に、同じようなことを求めるというのもどうかと思います
(「Q&A」などで中小企業用の簡便的な対応が少しだけ示されていますが、総論としては「大企業も新興企業も同じことが求められている」という理解でよいと思います)

ということで、なんらかの形でJ-SOX制度に見直しが行われることは私も期待したいと思います。


このテーマについてお考えお持ちの方おられましたら、是非コメントでも頂ければと思います。

テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

Tag : 上場企業J-SOXコスト無駄上場準備会社IPOIPOコンサル

GC注記の珍事例(会社法と金商法)

マザーズ上場のディー・ディー・エスのプレスリリースを紹介しておきます。

・金融商品取引法の規定に基づく監査報告書にかかる無限定適正意見取得について

08年12月期決算について、
・会社法監査:「監査意見不表明」
(GC注記の記載内容について、GC問題を解消するための経営改善策、取引金融機関の協力並びに財務体質強化のための資本施策の実現が、会社法規定の監査の段階では、交渉の帰趨は不明)
となってたものが、
・金商法監査:「無限定適正意見」
(GC問題は存在するものの、台湾のEgis Technology,Inc.と事業提携を行い、総額200 万米ドルの資金の借入を実行したこと等が評価された)
とのことです。

ディー・ディー・エスは、この無限定適正意見取得のプレスリリースを受けて低迷していた株価が少し回復しているようですが、経営状態が極めて大変であることには変わりないのではないかと推察されます。
(意見不表明とならないための資金調達がすぐに出来る状態なのであれば、会社法の監査意見のタイミングで解決が図れたはずですので)

GC注記の存在や、意見表明・不表明が会社の生死や上場廃止に結びついてしまう為、この3月期はGC問題で多くの監査人が厳しい判断を迫られるものと思います。
(企業ももちろん大変ですが、会計士も大変です・・・・・)


テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

Tag : IPOコンサル監査法人GC注記ゴーイングコンサーン継続企業の前提