FC2ブログ

しばらくお休みです

夏休みを頂くため、しばらく本ブログの更新をお休みします。

この数ヶ月、本業(仕事)の高稼働状態がずっと続いていたこともあり(多くのご支援要請があるのはとても有難いことですが)、心と体をリフレッシュしに南国に行ってきます。

8月中旬から再開しますので、その頃からまたお立ち寄り頂ければと思います。

テーマ : IPO - ジャンル : 株式・投資・マネー

ドラマ「監査法人」チーフプロデューサーのメッセージ

話題のドラマ「監査法人」について、
NHKのホームページに

土曜ドラマ「監査法人」を応援してくださったみなさまへ【チーフプロデューサー・磯智明よりのメッセージ】というページがあるのに気づきました(皆様お気づきでしたでしょうか)。
以下、抜粋です。


>ストーリーを作るのは監修の先生方との戦いでもありました。


>ドラマでは、私たちの会計士への期待を含めてキャラクターを作っているので、実際の会計士の方からある程度の批判やお叱りを受けても仕方がないと思います。


>何人かの方が「ドラマを広げすぎたのではないか」という指摘をして下さっていました。
私たちが反省するところです
>むしろ、話を作っていくうちに広がってしまったというのが事実です。
>あるシーンを作るとエクスキューズ(言い訳)のために別なシーンが必要なるということがしばしば起こり、会計の世界は私たちが予想していたより奥深かったということに段々と気づいていきました。


などのような記述もあり、当ドラマは世間ではいろいろと批評されていますが、
かなり苦労されながら作られたのだなぁということがこのメッセージからもわかりました。

テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス

(読書録)勝間式「利益の方程式」

昨今注目されている勝間和代氏の著書はこれまで何冊も読んでいますが、元同僚のブログで紹介されていたこともあり、本書も読んでみました。



勝間式の「万能利益の方程式」として、
(顧客あたり単価-顧客あたり獲得コスト-顧客あたり原価)×顧客数
を説明し、
各々のファクターをどう改善していくかを丁寧に説明されています。

これまでの著者の書籍は、「仕事の効率化」とか「仕事についての取り組み姿勢」のような内容で、「立派なビジネスマンになるには」のような内容でしたが、本書はそれらの書籍とは異なり、経営コンサルタント・公認会計士としてのプロフェッショナリズムを感じられる内容でした。

「顧客あたり獲得コスト」はとても重要な要素であるにもかかわらず、多くの場合軽んじられがちであるという指摘については、とても勉強になりました。

ビジネスマン全般にオススメできる本だと思います。


テーマ : 会計・税務 / 税理士 - ジャンル : ビジネス